スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜競馬予想!!

 ギリギリの更新で申し訳ないです・・・。

 昨日バタバタして事前に新聞を購入できずにブログ更新に間に合いませんでした

 気を取り直して、予想公開します!

 複勝コロガシ① 京都8R  ⑪コスモスプライト→東京11R⑫ナムラタイタンの2鞍で今度こそコロガシ成功を狙います

 3連単作戦② 京都5R(締め切りがギリギリだぁ・・)⑧ノルマンディーを1着固定で→相手 ③⑤⑥⑦⑨⑫⑬の42点買い 
        続いてもう一鞍 京都8R ⑪コスモスプライト(上記複勝コロガシでも明記)の1着固定→ 相手 ①③⑥⑦⑧⑬⑭の42点買いです。
 
先週は1鞍的中したので流れに乗って行きたいところです!!

 今日のメインの金鯱賞の3連単予想も一応しておきます。

 ⑤アーネストリーと⑧アクシオンの1着固定→相手 ②④⑤⑥⑦⑧⑨⑬ (おそらく・・)82点買いです。
買い目が多いためと軸の2頭とも休み明けの為、オススメはしません
 
 皆様参考にしてみてください!!一応レースは絞っているため的中精度と配当に気を配っているつもりです
 
 ちなみに明日のイングランド戦は楽しみで待ち遠しいです!!
スポンサーサイト

続いて二クラス!!

 今回は日本の予選最終の相手であるデンマークにいる、ガナーズ所属選手 ニクラス・ベントナーに触れながら始めたいと思います
 
 ベントナーはまだ22歳と若いのだけれども、今のガナーズの手薄なFW陣にとっては貴重な存在です。
 身長は193cmとかなり高いのですが、足元はそれなりにうまく(他のガナーズが異様にうまいので下手に言われがちなのが、わかってない人にはわからず困ります・・)、時々すごい発想のパスを出す今までのガナーズにいなかったので愛着が湧く選手の一人です。
 ちなみに記事で読みましたが、日本のベントナーファンが増えているようで、彼に直接ファンレターを送っている数がすごいとありました、喜ばしいことです!!

 ベントナーは前述しましたが、今までのガナーズにいたFWとは違い背が高い選手です。当時同じくポストプレイがうまいトーゴ代表のアデバヨル(今はマンCに裏切りましたが・・。特にロビンの顔を踏みつけたので大嫌いになりました)がいた為、バーミンガムにレンタルで修行に出されましたが、前にブログで書いたソングと同様スタメンで活躍、成長して戻ってきました。
 ただ、ロビンとの相性はイマイチなような気がして、シーズン終盤は出場機会を失いました。
 やはりパスサッカー主体のガナーズにとって、今は日本代表と同じフォーメーションの4-5-1(3-4-3かな?)ですので、
トラップが神業、パスもできて、シュートも強烈、ボールをもらいにくるタイミングもうまいロビンが1トップの座に君臨してるのは
しょうがないかと個人的に思います。。。。
 

しかし、以前優勝争いをしていたころの4-4-2のフォーメーションに戻せば、確実にスタメンに入るのは予想できますし、先日獲得したシャマク(多分フラ語読み)とはプレミアでのキャリアが違うので勝てるかと思います。

 何はともあれベントナーは途中出場して大事な決勝点を決めてくれたり、あのガタイでそんなパスだせるのかよって!!ってくらい驚かしてくれる選手ですので、是非来シーズンは生で見に行きたいものです。(エミレーツも現アーセナルスタジアムも行ってないことだし)

 最後に話は違いますが、今週は競馬ファンとして最大の楽しみダービーです!!
 明日、明後日のブログで予想に触れますのでお楽しみに!!!

 
 

本番頑張れ!!日本代表

 日韓戦から明けまして、ようやくスイス合宿に日本代表は出発しました!
日韓戦でのデキは選手たち自身が認めるほどかなり悪く(正直監督の求めるサッカーがそもそも?ですが・・)
埼玉に行った人はお気の毒と思いましたが、ここまで批判的にブログでコメントしてきました私自身の心境は
W杯本番が迫ってきたという緊張感と、日韓戦での韓国に負けた悔しさがこみ上げてきて
奥底にあった本来の日本代表を応援する心でいっぱいになってきました
 
5/30のイングランド戦で、今回の試合の出来の悪さを真剣に受け止めているはずなので、本領発揮したニッポン代表が見られることを祈ります。。(6/4にコートジボアール戦もありますが)
 間違ってもドイツW杯の時みたいに、直前でドイツとの試合のデキが良く、本番まったく駄目だったという状況にはなってほしくないものですねぇ

 
 
 カメルーン戦の次の対戦相手であるオランダには我がガナーズのロビン・ファンベルシー(FW)がいます。
 私と同じサウスポーということで、ガナーズの中で最も好きな選手です。
 魅力はなんといってもシュートの破壊力!!!
 
確か一昨年のマンU(マンチェスターのホーム、オールドトッラフォード)との試合で決めたゴールが印象的です!!
 右サイドからのセンタリング(多分当時最も好きなティエリ・アンリからだったような)で左サイドのファーに流れて相手DFのマークをはずし、絶妙なトラップでワンタッチコントロール→ 相手キーパーは同じオランダ代表のファンデルサールが守ってシュートコースを絞っていたのですが、その右上に鋭くシュートを放ったというゴールです(私の記憶ではゴールネットの上に突き刺さる程だったかと)
 
 入団当初はまたまた大好きだったデニス・ベルカンプ(彼を直に見たいために現地ハイバリーに向かいました)
の後継者として期待されるほどの逸材で、上記のシュート力に加え、足元の上手さも光ります!!

 と、まぁオランダ代表どころかロビン個人の私の印象しか語っていませんでした・・すみません

日韓戦を振り返り・・。

 軽く日曜の私の競馬予想の結果を明記します!!

作戦①第1レース目で早くも撃沈→ -10000円
作戦②京都9レースの3連単的中 19780円の払い戻し

土日トータル -12420円

期待はずれの結果で申し訳ありませんが、来週の予想で挽回致します。
(早くも複勝コロガシをやめたほうがよいのか?という流れですかね!?)

本題ですが、先日のブログでは本日の予定としてオランダのことを中心に書くつもりでいました。
(CL決勝も話題も考えましたが、我がガナーズは前の前で敗退の為省きました) 
 希望としては日本が勝ち、その話題を踏まえてオランダにどう対抗すればよいのかとかを私の意見を記載する予定が、あまりにそれ以前の問題だと思い、今回は日韓戦を振り返ってみたいと思います。

                本日のスタメン

                 GK  楢崎

            DF 長友  中澤  阿部  今野
           MF      長谷部  遠藤
             中村(俊)   本田    大久保

           FW        岡崎


という布陣でした。 
 残念なことに本来のスタメン候補である 田中マルクス闘莉王、内田、松井、玉田が怪我等の理由で出られなかったんですが、前半早々、朴(パク)にさすがマンUと思うべき、ペナルティエリア前でファールもできないスピードで(単に集中を欠いていたような気がしますが・・)DFの間を突くドリブルで正確で絶妙なシュートコースに蹴りゴールを許した展開において、今回の上記の欠場は攻撃オプションのなさを助ける結果になってしまいました

 確か雨の影響でピッチコンディションはボールが滑りやすい状況でしたが、それは韓国も同じ。。
パスでつなげて崩すサッカーである日本も韓国も芝が深いピッチよりはやりやすいと思いました。

 韓国の運動量、ゴールに向かう勢い、若いタレントの質の高さ、ボディバランスの強さは改めてすごいと感じた一戦でしたが、ニッポンも前回までとくらべパススピードはあがり、攻めの連動性(守備の連動性は疑問でしたが・・)も少しが改善されたと思いました。

 しかし、ピッチ状態が滑りやすいこともあり、縦パスはまったくおさまらず、ワンタッチプレイにこだわりすぎて精度を欠いたプレイが目立ちピンチを自分達で作っていた感があります

 僕個人の考えでは、再三1トップが機能していないと思いますので2トップに戻し、相手DFラインを揺さぶる動きの得意な日本代表FWが活かせるフォーメーションに戻すべきじゃないかなと思います。(みなさんはどうお考えでしょう??)
 それか1トップに固執するなら飛び出し得意な岡崎ではなく、ポストプレイができてカターニャでも1トップの実績がある森本こそスタメンで勝負させるべきかと考えます。

 最後に期待の意味を込めて来週のイングランド代表戦とコートジボアール戦の結果を楽しみにしているというコメントで締めたいと思います!!

シャマク獲得 +競馬予想

最初に先日の予想結果から・・。

 ①→コロガシ1レース目の⑪が的中複勝190円つくが、次のレースでコケ早くも終了・・。
   -1万円
 ②→京都5レースは軸馬3着となりハズレ、続いた京都9レースは軸馬予想通りも相手が漏れ(結構順当な馬が来ていたのに漏れ・・。)、不的中。。こちらは7万馬券を逃し痛い結果に↓
   -8200円  土曜1日トータル  -18200円

 気を取り直し、本日の予想を公開します!![emoji:i-179]

 ①複コロ作戦 → 新潟8レース⑭エリモシード →東京8レース③ブーケドロゼブルー →京都メイン10レース ⑩フサイチセブン

 ②3連単作戦 → 京都7レース (1着固定)⑰→相手④⑨⑩⑬⑯ 計20点 ¥2000  
                             京都9レース (1着固定)⑧→相手③⑤⑥⑦⑩ 計20点 ¥2000

 以上です!本日の負けを取り返していきたいところです


 続いてはシャマク選手をアーセナルが獲得したという情報を入手しました
 
 こちらの選手はフランスリーグのボルドーというチームに在籍していて、契約が満了になり、移籍することが濃厚でした。 FWなのでロビン・ファンベルシーと争うか、ウェンゲル監督の得意とする、サイドから持ち味を生かす起用方法をとるかが楽しみです!! 

 私の見解では早くもアルシャビンが移籍で他のチームにとられそうなので(移籍金が高く設定できる今か来シーズンが売り時かなぁ)、サイドでの起用が考えられます。
 
 また、逐一アーセナル関連で移籍情報が耳に入り気になったら、こちらで発表したいと思います。

 明日はW杯日本の次の対戦相手のオランダを取り上げたいと思います!!

 

アーセナル/カメルーン編 +土曜の競馬投資予想

 まずはもうひとつの趣味である競馬の予想を発表したいと思います!!

 ①複勝コロガシ作戦・・・こちらは1万円を初期投資金としてはじめ当たったら、そのままの払い戻し金額を次のレースに賭けていき、土日の2日間成功したら、終了し、利益を確定させる作戦です。

 ②3連単作戦・・・レースに狙いを絞った2~3レースを3連単で勝負!こちらは100円単位での勝負をします。

 、今回の買い目を公開したいと思います 

 ①東京7レース ⑪トーセンドンファン →(成功したら)京都7レース⑭クレスコワンダー →(またまた成功したら最後の複勝勝負!)東京8レース ⑯ミスティフォレスト これで明日の土曜は終了!!成功を祈ります・・。 
 
 ②京都5レース (⑧シエラネヴァダ1着固定→2、3着の相手 ②③⑨⑪⑭⑮⑰ 計42点 X100円=4200円)
  京都9レース (⑤ナリタスプリング+⑩プレファシオ1着固定→2、3着相手 ②④⑤⑥⑦⑩ 計40点)  

以上が明日の私の予想です。②の作戦はレースを抽出いていますが、投資と呼べないので、①を真剣にやっていっています!!


 次にアーセナルのカメルーンの選手を紹介します。(なぜカメルーンかは日本の最初の対戦相手だからです!)

 アレクサンドル・ソング 現在のカメルーンの中盤のボランチ(守備的MF フォーメーションによってはアンカー)かなめとして活躍中。

 私が知ったのは2005年に入団した時ですが、まだ若かったせいか(今でも22歳と十分若いですが・・)途中出場してはプレミアリーグのスピードとボディコンタクトに耐えれず、まだまだ早いなと感じてしました。やはり当時はボランチとしてセスク、ヴィエラがいた為、出番はほとんどありませんでした。

 しかし確か、チャールトンへレンタル移籍しレギュラーをつかみ成長してアーセナルへ戻ってきてから、ボディバランスがアップし、持ち前のディフェンス力(特に体の寄せ方)がうまくなり、戦力の薄いDFの代わりまで役目を果たすようになったのです!!

 情報としてはあまり満足頂けないかもしれませんが、今では貴重なアンカーの役目をこなし、DFラインの前に立ちはだかる脅威となっているかと思うので是非W杯本番では注目してみてください!!!

私の好きな・・・(ようやく本題・・)

 私が最も好きなクラブチーム、それはアーセナル!!

まずはその存在を知ったのは稲本選手(現 川崎フロンターレ)のおかげです。
私はドーハくらいからサッカーというものを、(というか当時は日本代表をただ単に応援しただけですが)興味を持ち始め、フランスW杯出場前のアジア予選の頃は本格的に国内の試合を応援し始めました。
 私は学生の頃から古風を残しつつ、流行の先端を行っているイギリスも好きでしたので、必然的にプレミアリーグに興味がいったようです。
 
 そこに日韓共催W杯付近で稲本選手がアーセナルに移籍、そして指揮を執っているのが以前名古屋にいたアーセンということもあり、すぐにスカパーに加入して、試合のライブ中継を心待ちにしていたのを今でも覚えています。

 シーズン通して試合を見ると今では懐かしいマンチェスターユナイテッドとの2強ということがわかり、選手自身もマンUとの試合だけは落としたくないとコメントをよく聞いていたので、優勝争いを白熱した形で追っていましたねぇ・・・。(ここ数年優勝争いを最後まで楽しめないのが哀しいです  ↓↓)


 そして、この見始めたシーズンがちょうど優勝争いをマンUと演じていて、最後あと少しの勝ち点差で2位に甘んじました。
 見始めはそこまで真剣ではなかったんですが、(稲本選手は当時フランス代表パトリック・ヴィエラ、後のブラジル代表ジウべウト・シウバがレギュラーの為・・試合に出れず )この2位という結果を受けた時、悔し涙を流して来シーズン借りを返そうとアーセナルをガナーズ(愛称)と呼び、必ずライブで試合を観戦し(TVですが・・)はまっている今に至ります!!!!

 みなさんも興味がありましたら、一緒に応援しましょう!!(拙い文章ですがきっかけになってもらえたら幸いです。)
 次回はもう少し突っ込んで語りたいと思います。



 (個人的に)
 セスク、アーセナルにもう少し残留してくれ!!!(できればずっと!!)バルサに戻るな!!!

サッカー日本代表に関しての続き・・

 前回に続き、今の代表に関してのコメント(不満!?)を述べたいと思います。

 岡田ジャパンになり約2年の準備期間がありましたが、前回表記したとおりの結果しか残していません。
まだW杯まで日にちある時期にJリーグで活躍してる選手を呼び、(呼んではいましたが、もっと他にもいるだろうと・・)
選手の能力を見たほうが、今年に入って違ったメンバーの選考になったかと感じています。
その方が、日本代表自体の将来の底上げになるかと個人的には思うんですがね・・。
やはりJリーグで活躍しているのに呼ばれないと、(選手それぞれかと思いますが)世界の舞台でという目標も薄れていくかと。。。やはり海外に行っている選手は代表経験があるのがほとんどです。(主要リーグで)

 次に?と思うのはフォーメーションです。4-5-1(見方によっては4-3-3)の真ん中にFW1人を置いてサイドや中盤を厚めにするというのが現状です。
 ズラタンやルカのようにほぼ高いボールに競り勝ち、また、足元でもボールをキープできる選手がいるのであれば、十分通用するフォーメーションだと思います。
 それか日本のように比較的背の低い選手層であれば、やはり足元でのボールの裁きの技術がかなり高いのであれば、
サイドにボールをはたき、早いクロスからゴール前のスペースに飛び出す、
もしくは中盤の選手に下げて、DFの背後をつくか、第3の選手の飛び出しのおとりになるプレイで攻めるのが定石です。
 そこで日本代表ができているかというとサイドからのクロスの精度(そのままゴールラインを割ったり・・・)、質の悪さが目立ち、FWでボールがおさめられない(→こうなるとサイドバックの選手が上がる時間がなくなります。。。)あまり今のフォーメーションでは機能していないように思うんです。
 約2年かけて、このサッカーかと思うと、あの人は何がやりたくて、また、その上の協会の方々も決断の悪さ(ホントにW杯の出場国のレベルがわかってんのか???)が浮き彫りになり、不満が募る一方の今に至ります・・・。

 ここまでかなり代表に批判的にぼやいてきましたが、日本は他国のサッカーの歴史に比べ浅いです。
その割にといっては失礼ですが、レベルの飛躍や早いのが感心するところです。(今のレベルから世界トップ国と同等になるのがまた、時間がかかる気がしますが・・。)
 やはり私もニッポン国民ですし、当然精一杯応援はします!!!(現地は治安の不安で行けませんが・・)
目標であるベスト4どころか1引き分けが果たして現状できるのか心配ですが、とにかく代表には頑張って頂きたい!!!!
  

初ブログ作成!

 はじめまして、この度このブログを作成しました、Gunnersfanです!! 
 
 まず最初の話題はあと2週間ほどに控えたW杯でしょう。
 
 こと日本代表から述べたいと思います。私個人、今の日本代表には不満がかなりあります・・。
というか岡田監督、またそれを支持した日本サッカー協会の犬飼会長などの首脳陣にです!
 約2年前オシム前監督が大病を患ったことにより、それまでの運動量、特に2列目からの飛び出し、
また3人目の動きによる攻めの形が岡田監督就任後薄れていきました↓↓

 オシムジャパンのメンバーには当時疑問に思っていましたが(ジェフ千葉の選手が主体に構成されていたので・・)、 練習方法や試合の流れを選手に浸透させるためだと知り、さらに試合を直に見て楽しかったので納得でした!!

 自身が大のアーセナル(念のためイングランドのクラブです)のサポーターなので、流れるパスサッカーを主体の考えに共感をもてました。ある解説者によるとオシム前監督の練習方法はアーセナルの監督であるヴェンゲルに似ているとのことでしたので、
さらに日本代表もアーセナルの見ていて楽しいサッカーに近づくのだなと将来も楽しみだったことを思い出します。
(今となっては・・。)

 さて、岡田ジャパンに戻ります、急遽の監督交代だったと思いますが、岡田監督は98年フランスW杯の時に一勝どころか初出場同士のジャマイカさえ引き分けにもできず、勝ち点ゼロという結果を残しました、その実力の監督を再度起用して何を考えているのか、オシム前監督で進化している日本代表を壊してしまう恐れがあるとかなりの不安がこみ上げましたね・・・・。

 まぁ予想通り、見に行く試合はつまらなく、格下相手に守られ点が量産できず、今年の東アジア選手権においては
ボロボロの結果となりました。もう私は去年の夏からチケットを買うまでもなく、テレビ観戦中心でした。。。
 最近の試合ではサポーターがブーイング、「監督やめろ」との垂幕もでていて、当然だろうと思っていました。
新しい選手を試しに呼ぶが試合には出させず、Jリーグで活躍しても(特にフォワード)呼ばれず、現行のメンバーで連携を深めていこうとメンバーを固めている割には結果がついてこないという結末・・。

初回で批判めいた内容ですみません・・。続きは次回にしときます(汗)。

                             
プロフィール

馬券マスター

Author:馬券マスター
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。